運命に抗え。未来を変えろ。

謎の病によって世界の均衡が崩れし時、「鹿の王」が現われる――。

TRAILER

原作:上橋菜穂子「鹿の王」「精霊の守り人」 監督 キャラクターデザイン・作画監督:安藤雅司『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『君の名は。』 監督:宮地昌幸『千と千尋の神隠し』 制作スタジオ:Production I.G「ハイキュー!!」「攻殻機動隊シリーズ」「PSYCHO-PASS サイコパス」

INTRODUCTION
「鹿の王」、それは仲間のために命を懸けて戦う者たちのこと――
『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『君の名は。』の異才アニメーター安藤雅司が監督デビュー作で挑んだのは、
2015年に本屋大賞を受賞したものの、その圧倒的スケールの物語から長らく映像化は不可能と言われきた
ファンタジー原作「鹿の王」(角川文庫・角川つばさ文庫/KADOKAWA)。
過酷な運命に翻弄される登場人物たちと、謎の病の壮大な戦いが日本アニメ界最高峰のスタッフによって描かれる。
今この時代だからこそ観るべきエンターテインメント超大作がここに誕生!
STORY
かつてツオル帝国は圧倒的な力でアカファ王国に侵攻したが、
突如発生した謎の病・黒狼熱(ミッツァル)によって帝国軍は撤退を余儀なくされた。
以降、二国は緩やかな併合関係を保っていたが、アカファ王国はウィルスを身体に宿す山犬を使って
ミッツァルを再び大量発生させることで反乱を企てていた。
ミッツァルが国中で猛威を振るう中、山犬の襲撃を生き延びたヴァンは身寄りのない少女ユナと旅に出るが、
その身に病への抗体を持つ者として、治療薬開発を阻止したいアカファ王国が放った暗殺者サエから命を狙われることになる。
一方、治療薬を作るためヴァンの血を求める医師のホッサルも懸命にヴァンを探していた――
様々な思惑と陰謀が交錯した時、運命が動き始める。
CHART
COMMENT
堤 真一 (ヴァン)
実は、このお話をいただく前に、すでに原作を読んでいて、この壮大な世界観が大好きでした。実写化は難しいだろうと想像していたので、こうやって関われたことが嬉しく、また、ご縁を感じましたね。アニメの声優は初めての経験で、慣れないことばかりで本当に難しかったです。ご迷惑をおかけしました。
物語は壮大なファンタジーですが、その中にリアルな部分もあるので、フィクションでありノンフィクションでもあるような内容だと思います。
私が演じたヴァンの運命は様々な出会いがあって動き出していきます。ユナとの出会いで息を吹き返し、愛情や感情を取り戻し、人のために生きる事の大切さを教えてくれるキャラクターだと思います。
原作がお好きな方も、読んだ事のない方にも楽しんでいただける作品です。是非、ご覧下さい。
竹内涼真 (ホッサル)
原作を読んだ時、頭に風景が浮かんできてすぐに物語に入り込んでしまいました。
僕の演じるホッサルは気持ちに一本筋が通っているので、何をして何を救いたいのか、その気持ちに感情移入しやすかったです。
アニメーションの声優は初めてだったので、自分の声で大丈夫かな?とドキドキする気持ちもありましたが、ホッサルのカッコいいビジュアルに負けないように声を作って演じることを意識しました。
原作のキャラクターそれぞれの持ち味が素敵なので、アニメ化された時のセリフやビジュアル、映像などすごい迫力になっていると思います。
「鹿の王」の壮大でファンタジーな世界観が皆様のもとに届くことが今から楽しみです。
(サエ)
上橋先生とは以前、まさに「鹿の王」で対談させていただき、その際にこの作品にかける情熱やこだわりをお伺いしたこともあり、私がキャスティングされた時は、とても嬉しかったけれど、まずは上橋先生がどう思うだろう、と上橋先生にお電話をして「本当に私で良いんですか!?」とお聞きしました。幸い、喜んでいただけてホッとしました。
サエは孤独な狩人の役で、戦闘のシーンも多く、声だけとはいえ実際に殺陣を習うように動きの指示を受けて録音しました。2 年前の収録段階では、まだ映像が完成していない状態でしたので、私も出来上がりを楽しみにしております。
この作品は、謎の病が流行し、それに立ち向かう人々の物語です。奇しくも、今の世情とも通じる部分が多い中、ファンタジーの世界を通して、私たちへのメッセージが込められているような気がします。
上橋菜穂子 (原作者)
「鹿の王」を書いていたとき、まさか、この物語が映画になり、パンデミックの最中に上映されるとは思ってもみませんでした。
暗く長いトンネルの中を歩むような日々の中で、この映画を観てくださった方々は、どんな思いを抱かれるでしょう。
「鹿の王」は長く複雑な物語です。映画化のお話が来たとき、私は制作陣が大変な思いをするのではと心配しました。
とくに、原作で私が描いた文化と医療、ウイルスと免疫、生態系の話などを二時間の枠の中で表現するのは困難だろうと思いましたが、皆さん、さすがに表現のプロで、「鹿の王」の物語の中の、「他者を思うことが生み出すもの」の方に集中してドラマを作ってくださいました。
更には、伝染病が発生したとき、不安から逃れようとする人の心が容易に差別を生んでしまうことも描いてくださいました。
大勢の他者と共に暮らすことは、感染の危険と共に暮らすことでもあります。
それでも、他者を思う気持ちが生きる喜びに繋がることを、素直に感じられる映画にしていただいたことに、私は心から感謝しています。

堤 真一 竹内涼真 杏 木村日翠 阿部 敦 安原義人 櫻井トオル 藤 真秀 中 博史 玄田哲章 西村知道 原作:上橋菜穂子「鹿の王」(角川文庫・角川つばさ文庫/KADOKAWA刊) 監督:安藤雅司 宮地昌幸 脚本:岸本 卓 キャラクターデザイン・作画監督:安藤雅司  コンセプトビジュアル:品川宏樹 美術監督:大野広司 色彩設計:橋本 賢 撮影監督:田中宏侍 音響監督:菊田浩巳 音楽:富貴晴美 アニメーションプロデューサー:松下慶子 主題歌: 「One Reason」milet (ソニー・ミュージックレーベルズ) アニメーション制作:Production I.G 配給:東宝 製作:KADOKAWA 日本テレビ放送網 Production I.G 東宝 ジェイアール東日本企画 読売テレビ放送 ムービーウォーカー STV・MMT・SDT・CTV・HTV・FBS shikanoou-movie.jp Ⓒ2021「鹿の王」製作委員会